e-Tax 確定申告 ID・パスワード方式 「入力された利用者識別番号に該当する情報がありませんでした」 のワナに注意

雑記

確定申告が始まっている。平成30年分の申告は、2019年3月15日(金)までだ。
勤め人のため年末調整は行なったが、昨年は、医療費がかさんだため、また、ふるさと納税をしているので確定申告をすることになった。

これまでは「確定申告書等作成コーナー」で作成して、プリントアウトして申告していた。
パソコンで申請するとなるとマイナンバーカードが必要になるからだ。

しかし、マイナンバーカードがなくてもe-Taxで申告できるとのニュースを聞いて、医療費控除を行なうことは決まっていたため、直前になった慌てたくなくて、昨年のうちに税務署に行って、ID・パスワード方式の番号を取得していた。
e-Taxで申告書を送信する場合「マイナンバーカード方式」と「ID・パスワード方式」の選択ができるようになり、スマートフォンやタブレット端末でも、申請ができるようになったらしい。

そして、週末に医療機関の領収書などをまとめて、申告しようとしたところ、

【確定申告書等作成コーナー】-TOP-画面

作成開始をクリックして、e-Taxで提出するを選択。
そして、ID・パスワード方式により提出、利用者識別番号等に進み、利用者識別番号と暗証番号を入力したところ、

「入力された利用者識別番号に該当する情報がありませんでした」
あれ? 入力ミスしたかな? と再度入力しても、同様のメッセージが出る。

えっ…… 検索したりしてしばらく調べたが、よく分からない。
そこで、思い切って、次へのボタンがあるので、無理やり進んでみると、

すると、申告書の作成に進めるではないか!
その後は、案内に従って、数字などを入力して、申請は無事終了。

エラーっぽいメッセージに騙されて、無駄な時間を過ごした……
同じ場面に遭遇した方は、ご参考ください。

コメント