定番じゃなくてもいいじゃん! おすすめしたい桜ソング きのこ帝国 / SECONDWALL / Violent is Savanna

音楽

東京では、今日、2019年3月21日、桜の開花宣言がなされた。
非常に強い風が吹く1日で、花粉症の私は、貴重な木曜祝日を、部屋で桜ソングを聴く。

桜ソングといえば、さくら/森山直太朗 桜坂/福山雅治 桜/コブクロ とかいろいろあるけれど、定番じゃなくてもいいじゃん!
片隅的、おすすめ桜ソングを、主観全開でご紹介したい。

アワイロサクラチル/Violent is Savanna

Violent is Savanna / アワイロサクラチル (フル ver.)

2004年結成。北海道出身、日本の4人組ロックバンド。2015年活動休止。
2010年のメジャーデビュー後、2枚目のシングル楽曲。
少し舌っ足らずで、儚げな歌声が魅力。ドラマチックな編曲もいい。それでいて、シンプルで切ない桜ソングだ。

恋の終わりに、桜舞い散る/SECONDWALL

SECONDWALL "恋の終わりに、桜舞い散る" MV

2009年結成。日本の5人組ロックバンド。
2016年リリースのミニアルバム「OVER」からの1曲。
ちょっとエモい桜ソングというのもいいじゃないか。サウンドはエモくても、歌詞はせつない。桜ソングはせつないのが多いよな……

桜が咲く前に/きのこ帝国

きのこ帝国 – 桜が咲く前に

2007年結成。2015年のメジャーデビューシングル楽曲。
歌詞が染み入る。胸が苦しくなる。
哀愁と決意、この時期になると聴きたくなる。
泣ける。

コメント