Withings / Nokia Sleep 睡眠サイクル分析 スマート睡眠パッド WSM02 を買ってみた

居住

睡眠はとても大切だと思う。
1日のうち1/3~1/4もの時間を割り当て、過ごしているのだ。そのため、寝具や環境にも気を配っている。
しかし、実際、しっかり眠れているのか? ずっと気になっていた。

睡眠を計測できるものには、腕時計タイプのものがあるが、寝る時に、手首に付けているのはどうも落ち着かない。
タニタには、寝具の下に敷くタイプのものがあるが、価格が高い。
そこで、スマート体重計を購入した時に気になっていた、タニタより安価なスマート睡眠パッドを買ってみた。
Withings / Nokia Sleep 睡眠サイクル分析 スマート睡眠パッド WSM02

Amazon.co.jp: Withings / Nokia スマート睡眠パッド 睡眠サイクル分析 心拍計測 Sleep IFTTT対応【日本正規代理店品】: 家電・カメラ
Amazon.co.jp: Withings / Nokia スマート睡眠パッド 睡眠サイクル分析 心拍計測 Sleep IFTTT対応【日本正規代理店品】: 家電・カメラ

睡眠をトラッキングしてくれるスリープセンサーで、睡眠を詳細に計測してくれる。
睡眠サイクル分析、睡眠の質、心拍数の追跡、さらに、いびきの検出もできる。
Wi-Fi経由で「Health Mate」の管理アプリに自動的に同期される。

とはいっても、中身は、本体と電源アダプタというシンプルな構成。
セットアップは簡単。すでに、同メーカーのスマート体重計を使用しているので、デバイスを追加するだけ。


本体を寝具の下に敷いて、あとは寝るだけ。翌朝に「Health Mate」にアクセスすれば、昨晩の睡眠がどうだったが一目瞭然。

持続時間、深さ、規則性、中断、眠るまでの時間、起きるまでの時間、心拍数、いびき。
それぞれの結果に対して、簡単なアドバイスが見られたり、トータルで点数化されたりと、データで睡眠を客観視できる。

私の環境では、起きるまでの時間がうまく計測されない。基本的には目覚めたらすぐに起きるから0分なのかもだが、たまに、まどろんでいると自覚している時も0分なので、判定がよく分からない。
普段はいびきをかかないので計測されないが、徹夜明けで非常に疲れている時に一度だけ計測されたことがあったので、センサーとしてはいきているのだと思う。
問題ない精度が出ていると感じている。

毎日、少なくとも7時間程度は、同じ時間に寝て、起きる。これに限りなく近づくようにする。そのための指標になる。
それが、一度セットアップしてしまえば、何の手間もかからずに実現できてしまうのだから、非常に便利なものだ。

コメント